2014年01月07日

低体温の問題点

基礎体温とは、朝目が覚めた後、安静状態で計測した体温のこと。ホルモンや体の状態を知るのに役立つ大切な情報です。理想的な基礎体温は一般的に36.0℃〜36.5℃といわれていますが、近年は35℃台の低体温症の女性が増えています。

では、低体温だと何が問題なのでしょうか。体温が下がると、血液の循環が悪くなります。血液は体中に酸素や栄養素を運び、それと同時に老廃物を回収する運搬の重要な役割を担っています。そのため、正常に酸素や栄養素が行き渡らない、栄養失調状態を引き起こしてしまいます。栄養が不足している体のさまざまな器官や内臓は、免疫力が下がっており、無防備でとても危険な状態です。

特に体の末端である手足の先は血液が行き渡りづらく、体を温めても手足だけは常に冷たい「末端冷え性」を引き起こします。また、骨盤周りの血行が悪くなると、骨盤内部にある子宮の働きも悪化し、生理痛や不妊といった女性特有の問題も発生します。

体温はが1℃上がると免疫力は5倍以上に、基礎代謝は10%以上上がるといわれているほど、体温と健康には密接な関係があります。低体温は万病のもと!基礎体温を0.5℃〜1℃上げることで、様々な病気を防ぐことができるのです。
posted by meow at 12:55| Comment(0) | 基礎体温 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。