2014年01月24日

靴下を履いて寝るのは、美容に逆効果?

冬に冷たい布団に潜り込むと、足先がなかなか温まりませんよね!そのせいでなかなか寝付けないこともあります。末端冷え性の女性に共通する悩みではないでしょうか。

私は、そんな事情をよく知る母親に、「寒いから、靴下はいて寝なさい!」と言われて育ってきました。そして、足先が寒い季節は忠実に母親からの助言を実行してきたのですが、最近耳にしたところによると、冷え性だからといって靴下をはいて寝るのは逆効果だとか!?なんと!!

そもそも靴下を履いて寝る人って多いのでしょうか?以前に、「靴下を履いて寝たら、木登りをしているときに足がツルツル滑って木から落ちる夢を見た。それ以来怖いから裸足で寝てる。」という人に出会ったことがありますが、まあそれはレアな例として置いておいて……調べてみると、女性にはかなりいるようです。冷え取りのため、中には2重に靴下を履いて冷え対策をしている、という人も。

しかし、靴下はゴムが足首を締め付けるので、知らず知らずのうちに血流を止めてしまいます。血行は妨げない方が良いので、なるべく裸足で寝ましょう、という意見が多数あるようです。この意見には私は賛成です。靴下を履いて寝たものの、なんか締め付けられて苦しいなぁ、と思って寝ぼけ眼で脱いでいることがあるんですよね。それって過度に圧迫されているっていうことですもんね。自ら末端冷え性を進行させているようなものです。

最近は、足先をお風呂や暖房や靴下などで温めてから、寝るときには裸足になっています。きちんと温めてから寝れば、末端冷え性のはずの私も、朝までポカポカです。途中で足が冷えて目覚めたなんてこともないですよ♪
posted by meow at 20:32| Comment(0) | 冷え取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。