2014年02月10日

若い女性に人気!お家でお灸

東京は16年に一度という大雪が降り、寒さもこれからが本番といったところですね。私はとにかく足元を冷やさないように、フリースの靴下を購入したりヒートテックのスパッツを履いたり工夫しています。みなさんはどのようなあたため美容に励んでいるのでしょうか。

最近は女子の間でお灸が流行ってきているようです。お灸というと、古来からある伝統的な養生術です。年配の方が肩こりや腰痛の改善に、治療院に通って受ける施術というイメージがあります。ところが最近のお灸は、自宅にいながら自分で簡単にできるとか。しかもリラックス効果のある香りがついていたり、パッケージがおしゃれだったり、若い女性が中心となって手に取っていくとのことです。わたしは未体験なのですが、知人にお家でお灸を楽しんでいるという女子がいたので、いくつかの質問をぶつけてみました。

・難しくないのか
お香と同じ感覚で先に火をつけるだけ。肌に接触する面にはシールが貼ってあるので、狙ったツボに置くのも簡単とのこと。そしてなんと、火を使わないお灸も売っています!こちらは簡単な上に服の下でも使えるのが良いですね。

・熱くないのか
ほどよく温かくなる程度だそうです。また、温熱の穏やかさ、熱さは段階的に選べるし、お灸を据える位置にもよるので、弱めのものから試して物足りなくなったら強いものに移行しても良いのでは?

・煙は出るのか
お香程度には出るが、気になるほどではない。また、アロマの香りがついたものもある。

どうやら思った以上に簡単でかつリラクゼーション効果も期待できるもののようですね。ツボの位置によっては血流を良くしたり、代謝を高めたりという効能もあり、美容にもバッチリ良さそうです。これはぜひとも試してみようと思います!!
posted by meow at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

よもぎ温座パットが大ブーム

韓国の伝統的民間療法である、「よもぎ蒸し」。それは、穴の開いた座面の下にヨモギや漢方薬を入れた壺を置いて蒸し、発せられる蒸気を肛門や子宮の粘膜から吸収させて下半身を温めるというものです。粘膜は皮膚よりも吸収が良いので、薬効成分を効率的に体に取り込むことができるとか。がなんと600年以上も昔から存在する、人気の民間療法です。しかし、それには特別な漢方や設備が必要なため、施術を受けられる場所が限られており、日本ではまでなかなか体験できませんでした。

嬉しいことに、それを家庭でも簡単に簡易的に体験できる「よもぎ温座パット」がスタジオグラフィコより発売され、美容に関心の高い女性の間で大きな話題となっています。なんでも空前の大ヒットを記録しているとか。

使い方は、女性ならば簡単。というのも、生理用品の使い方にそっくりなのです。生理用ナプキンによく似たパットの裏面に、ヨモギなどの有効成分が入った使い捨てのカイロを装着し、ショーツにあてます。すると股の間からジワジワと温かい蒸気が上がってくるわけです。本来のよもぎ蒸しは椅子の上にじっと座っている必要がありますが、このパットタイプであれば、よもぎ蒸しの効果を感じながら日常生活が送れるのが良いですね。

温活は体の中心部から温めるのが一番効果的といわれているので、おなか周りを温めてくれるよもぎ温座パットは特に効果的かもしれません。さらに、骨盤内の子宮や卵巣の血行が良くなることが期待できるので、不妊治療中、妊活中の女性にも人気です。

このような新商品の登場を見ても、温活って本当に流行っているんですね。女性の体には冷えが天敵!耳にタコができるほどに聞かされてきた言葉ですが、今一度、しっかり自分の体を温められているか見直してみましょう。
posted by meow at 12:58| Comment(0) | 冷え取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。